読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simple Life

法律実務に関する整理と趣味等

刑事事件(成年)

最近の刑事裁判は、裁判員裁判を意識してか、被告人質問先行型で進められることがある。

裁判所の担当部によって運用は異なるものの、色々と違和感を感じている。

本来、犯罪事実の立証は検察官に立証責任がって、Bじゃないはず。

それにもかかわらず、弁護人から質問をやらせて、犯罪事実についての供述を引き出す。

これってどうなんでしょう?

裁判官は、「直接被告人自身の口で、自分が何をしたのか語って貰うことが反省につながる」云々とかいうけど、それって裁判官の価値観でしょ?そもそも、事件が発生してから何か月も経過していることもあるから、忘れていることもあるし、だからこそ(とは言い切れないが。)員面調書(KS)や検面調書(PS)を巻いているわけであって、J員裁判を意識しなくて良い気がするんだよなぁ。

 

とか文句を言いつつ、しっかりと準備をしています。