はじめのいっぽ

思いつくままの備忘録

婚姻費用と不貞行為

夫婦が離婚をするか別居した際、一方配偶者から、生活費として婚姻費用の分担を求めることがある。いわゆる婚費(こんぴ)である。

 

この婚費を求める際、家裁に調停を起こすことがあるが、相手方から、「別居ないし離婚の原因を作ったのは申立人だから、支払を拒否する。」との反論が出ることがある。

 

これはこれで、反論にはなる。

その場合、手続が長くなることがある。通常は、夫婦の収入資料を提出して、多い方が少ない方に、裁判所が定める算定表に、淡々と当てはめて決まる。夫婦の合意ができなくとも、裁判官が決めてくれる。

 

ところが、不貞の反論が出ると、そもそも不貞行為があったか否かの争いとなり、結論が出るまで、婚姻費用の支払いがなされない。

 

他方で、仮に不貞行為が存在したとしても、子どもがいる場合、子どもに罪はない。この場合は、配偶者の生活費分を除いた子どもの養育費だけ支払うという決め方もある。

 

裁判所や調停委員によって異なるものの慎重になりすぎて、時間がかかるケースが多いように感じる。