はじめのいっぽ

思いつくままの備忘録

契約期間の考え方(BLJ2018年12月号)

ビジネスロージャーナル2018年12月号の飯田浩隆氏の論考、契約期間の考え方読了。

 

継続的契約(特に期間の定めがない場合。)と(準)委任契約における中途解約についてがその内容。

 

契約交渉(継続)するにおいて、どの程度の条項を設けるべきかについて、中途解約権を留保するのか、解約金を定めるべきか、新たな契約を繰り返すか、契約終了後の成果報酬の処理など、幅広く論じられており、現場の悩ましさが伝わってくる。

 

私自身、契約交渉において、どこまで想像して、リスクを洗い出して、リスク防止の条項を設けるかは本当に悩ましい。特に、事業の内容をきちんとした理解がないと想像することもできない。クライアント、顧問先には、日常的に業務内容や業務展開を聴取することにより、業務展開の展望を具体的に想像することが非常に大切だと痛感している。

 

今後は、民法改正により民法の条項も変わることとなり、どこまでの対策が必要か、準備も必要だろう。